EN

グラスフェッドジャージービーフ経産牛【リブロース】1.5kg(冷蔵・真空包装)

冷蔵状態での賞味期限は2024.7.22です。
それ以上の長期保管は冷凍にて、なるべく早めにお召し上がりください。

塊肉のためスジ取りなどの処理をしておりませんのでご注意ください。

 

SKU:bfb003-7

¥9,000

在庫切れ

【やんばるの大自然の中で通年放牧で育ったジャージー牛5歳7か月齢の経産牛】

「いただきます。」

当牧場では1頭1頭に名前を付けて飼育しており、今回販売するお肉は、INAHO FARMが5年前最初に熊本県から導入してきた1期生5頭のうち最後の1頭「クン」ちゃんです。

クンは、体は誰よりも小さく乳量も少なめですが、好奇心が強く誰よりも愛らしい表情のINAHO FARMでのNo.1美牛でした。
これまで2回お産を経験し、まだまだ活躍してもらいたい年齢ではありますが、ここでお肉として命をいただく決断をしました。

INAHO FARMでは、今後基本的に仔牛肉としての販売を増やしていく方向なので、経産牛(母牛)のお肉をいただく機会はとても貴重になります。

牛舎の無い無農薬無肥料の放牧地で365日自然放牧。
餌は青草主体で草の他にはわずかな(1kg)のビール粕のみ。
そのお肉に余計な脂肪は無く、噛むとしっかりとお肉本来の風味や旨味が長く口の中で味わえます。

人が、生きるために体に入れる食べ物。
それはどんなものであるべきか。
このお肉を味わうとともに、考えていただければ嬉しいです。

 

【グラスフェッドビーフの栄養価】

穀物を多給するグレインフェッドに比べ、牛本来の食性である草で育てるグラスフェッドビーフにはオメガ3脂肪酸や脂肪燃焼を助ける共役リノール酸を多く含むなどの特徴があり、抗酸化作用の高いビタミン類も豊富に含まれることがわかっています。

またグラスフェッドビーフは、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の比率が理想とされる1:2であることから、現代人の偏った栄養バランスを整え、健康的な身体つくりに役立つとされています。

(参考)NHKスペシャル「食の起源」第三集 「脂」

 

グラスフェッドビーフ、特に国産は市場ではほとんど流通していませんが、
召し上がっていただくと、「これが本来の肉の味かあ」と納得して頂けると思います。
できれば濃いタレを付けることなく、シンプルな味付けで召し上がって頂きたいです。

柔らかいものが多い現代の食の中で、グラスフェッドビーフは(部位や調理方法によりますが)しっかりと顎を使って食べるので顎の発育にも良く、子供であれば歯並びが良くなるとされ、唾液が十分に分泌されることで消化吸収を助け、虫歯の予防にもなります。他にも満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑える効果や、脳の活性化になり認知症の予防になるなど、その味わいだけでなく良いことがたくさんあると言われています。

 

【酪農家である我々が肉の販売を行う理由】

一般的に体が小さく、赤身質という特徴のあるジャージー牛のお肉は、市場では需要が少なく「価値が低い」とされることが多いです。しかしその一般的な「価値が付かない」というのは、ある特定のもの差しで見られた「相場」に過ぎません。
我々は自分たちの育てた肉のおいしさと栄養価に自信を持っておりますし、人々の健康に寄与するグラスフェッドジャージービーフを自社販売することで、しっかりとジャージー牛というお肉に価値を与えて多くの人にお届けしたいという想いがあります。

 

家畜を飼う以上、どこまでいっても人間の都合で(エゴで)扱うことから離れることはできませんが、ここで産まれた命は、屠殺の瞬間こそほかの人の手をお借りしますが、最期まで責任を持ってここで健康で元気に幸せに生かしてあげたいという思いがあり、酪農家でありながら自分の手で肉の販売まで行っております。

大事に育ててきた命を頂くというのは、毎回本当に心苦しいことではありますが、こうした命の循環の上に我々の命があり、この世界は成り立っています。おいしく食べてあげることが我々の責務だと思っています。

こんな思いで育てたお肉です。
命を頂いて、命を繋ぐ。

【賞味期限】2024/7/22 (冷蔵保管の場合)

レビュー

レビューはまだありません。

“グラスフェッドジャージービーフ経産牛【リブロース】1.5kg(冷蔵・真空包装)” の口コミを投稿します

関連商品